ストレスチェック後の高ストレス者について - ストレスチェックのメリット

ストレスチェック後の高ストレス者について

ストレスチェック後の高ストレス者について、ストレスチェックは実施義務がある検査なのでサラリーマンなら誰もが受けたことがある検査だと思いますが、ストレスチェックの後の結果で高ストレスが認められた方はどうなるかをご存知でしょうか?ここではそんなストレスチェック後の高ストレス者について紹介していきます。

ストレスチェックの様々な情報を掲載しています。

ストレスチェックの結果が高ストレス状態にあるという判定が出た場合は、ストレスチェックとは別に追加で医師と面接するための助成金がおります。

そこではさらに専門的なカウンセリングを受けることができ、医師に労働環境がそのようにストレスになっているかをじっくり相談できます。


このカウンセリングを経て、医師が労働環境に深刻な問題があるという判断を下した場合。

企業に対して労働環境の改善の指導のもと労働環境を改善する対策を行うことができます。

では、高ストレス者には問題はないのでしょうか?一般的に、ストレスチェックを行っても、高ストレス状態の者でも、ストレスチェックの回答を本来のストレス状態と反する回答を行うことでストレス状態を偽証することもできるため、そういった不正行為や、高ストレスを出さないための回答例に従った回答をさせるなどの偽装工作も可能ではあるため、解雇の対象にされるなどの企業の圧力で正確なデータが出ないのではという説もあります。
しかしながら、すでに退職を決意するまでに追い詰められたストレス状態の者からは正しいデータを受け取れるので、企業の残業文化の実態を調査する基準としては信頼できます。



是非参考にしてみてください。