ストレスチェックのプライバシー保護について

ストレスチェック制度は厚生労働省から導入されて久しい制度ですが、ストレスチェックは受けるだけではなく、それに付随して様々な規則を守らなければなりません。ここではそんなストレスチェックにまつわる規則の一つであるストレスチェックのプライバシーの保護ついて紹介していきます。

ストレスチェックの結果は、企業には一切漏れることはありません。


また個人を特定されることのないよう、10人以下の集団の場合、集計を取ることができません。


10人以上から集計結果が分析され、平均値を割り出し、その結果が高ストレスで問題があると判明した場合、職場環境の改善が求められます。集計結果は、受検者全員の同意がない限り絶対に他者に提供されることはありません。

ストレスチェックのお得情報を用意いたしました。

ストレスチェックの結果は医師や保健師、管理資格のある専門の看護師によって5年間厳重に保管されるので、企業に結果を知られる心配をせずに安心して受けられます。



個人が受ける面接指導についてですが、ストレスチェックの結果は個人にのみ通知があり結果を知ることができます。

この結果で高ストレスが認められた場合、医師による面接指導を本人の希望によって受けることができます。



この面接指導を受けたことを理由に、企業側が解雇、退職推奨、不当な動機、目的による配置転換、職位の変更を行うことは禁止されています。
ストレスチェックを受検する際には是非参考にしてください。