ストレスチェックを受検するときに気をつけること

ストレスチェックは厚生労働省に2015年12月から実施義務が課せられている制度です。


受けることが義務づけられているストレスチェックですが、最終的な目的は労働環境の改善を目指すものとされています。

ストレスチェックに関する特集の情報が満載です。

会社の労働環境を変えてしまう可能性のあるストレスチェックを受ける上で受検者が不利になることはあるのか。



そうならないためにはどうすればいいのかをここでは紹介していきます。


ストレスチェックの構成ですが、実は、ストレスチェックはただ単にストレスをチェックしてストレス状態をチェックするだけではないのです。


ストレスチェックは詳しくは3つの段階が用意されています。



まずは、検査、ストレス状態を数値で分析します。

2つ目に検査で高ストレスを認められた場合、本人の希望があれば医師の面談が受けられます。
3つ目に医師が労働環境の改善が必要であると判断した場合、会社の労働環境を医師の指導のもと改善させます。
これらにより最終段階に進んだ場合、企業の労働環境が見直され、高ストレス環境が是正されていきます。
つまり、高ストレスに苦しむ従業員の多い会社は、ストレスチェックで改善すべくして企業の労働環境が変えられてしますわけですが、それのきっかけでもあるストレスチェックを受けた従業員の方々が会社で不利な立場になることも実際には考えられます。
しかしながら、受検者の回答や検査結果が企業側に流出することのないよう徹底されています。

なので是非安心してストレスチェックを受けてください。