ストレスチェックでトラブルなどは起きるの?

ストレスチェックが義務化され内容や目的が分かららないまま受けている方もいると思いますが、受けていて受検者が困るようなトラブルはおこるのでしょうか?ここではそんなストレスチェックで起りそうなトラブルやデメリットを紹介していきます。

まず、ストレスチェックは何のためにするのでしょうか?ストレスチェックが何のためにするのという素朴な疑問からお答えすると、ストレスチェックはズバリ過労死の予防です。

労働者が仕事によって精神を病み自殺してしまう昨今の過労死の問題にようやく厚生労働省が対策を始めたという経緯で、一番はそういった過労死に至りそうな危険な状態に陥っていないかを検査し、そういった高ストレスの労働者を確認した場合企業の労働環境を改善する指導を行うというのが主たる目的となっています。

ストレスチェックはとっても評判が良くて有名です。

では、ストレスチェックで損をするのは誰なのでしょうか?労働環境を是正する目的によって損をするのは労働者を無理なノルマや残業で働かせて無理やり利益を出させようとしている経営陣です。
利益追求型の経営をストレスチェックによって改革されてしまうと、これまで簡単に出せていた利益を別の方法で出さなければなりません。



企業の利益が下がると当然社員全体の給料も下がる可能性が出るので、ストレスチェックを機に経営が傾く企業も続出するでしょう。



しかし、それでも過労死から労働者を救うことが最優先なので、正しい制度であると言えます。

是非参考にしてみてください。